携帯変えました

年が明ける前に、携帯の機種変更をしました。
画像

使用していたガラ携はとても使いやすかったのですが、最近 外枠に亀裂が入ってきたり、押すボタンが磨り減ってきたりで、いつ動かなくなるかわからない不安感がありました。ガラ携の機種で良いものが無くなっていることを聞いていましたし、札幌に帰省のときにガラ携だけでは不便なこともあり、iphone に変えました。
それにしても、つい最近まで電話とFAXでなんとか成り立っていた世の中が、持っていないと不便になり、「取り残される感」を醸し出し、それほど必需品になっているにも関わらず高額なことに、どうしても納得がいかない

使用しだしたら、噂には聞いていたけど、メール中心の人間には本当に使いづらい
そして、最初の画面に戻るときに、スイッチのボタンを押すって、なんだろう?この罪悪感は・・・?
だって、パソコンを使い始めたときに
「プログラムを終了せずにスイッチを切ってはいけません
って教えられたじゃないですか!? それが染み付いてしまっているのです。

まぁ文句ばかり言っていても仕方ないので、便利になった部分を喜ぶことにしよう。
写真の精度もよくなったし、きっと札幌に行くときにはその便利さに感動するに違いない・・・けど、その前に使いこなせるようにならなくっちゃ。

この記事へのコメント