下田でメサイヤ

画像
昨年は、門下生の発表会や札幌でのコンサートが重なり、参加することができなかった 小林道夫サマーアカデミー in 下田 に参加するために8月17日、踊り子号に乗りました。
例年は バッハのカンタータやミサ曲を中心にしたプログラムなのですが、今回は ヘンデルの「メサイヤ」。私は実行委員として運営に関わりながら、合唱とソロを歌います。事前に練習していると
うっ・・・英語の発音、難しいんですけど・・・
普段、ドイツ語、ラテン語、イタリア語までは歌いますが、英語を歌うのは稀なことです。
ただ発音するだけでなく、歌を歌う発声に気をつけながら歌うのは・・・難しい~!
・・・と初歩的な悩みなど吹き飛ぶ、小林道夫先生の熱のこもったご指導。そんな低次元なことを言っている場合ではありません。
本当にこの方は、稚拙な音楽をしている私たちを憂えて、日本の音楽教育のあり方を憂えて、心から訴えているのだ、音楽をしなさい、そのために必要なことを身につけなさい!と。
私のリサイタルでピアノ伴奏をなさってくださったときにも、同じようにおっしゃってくださったのを思い出し、ありがたく思いながらアカデミーを受講しました。
画像

この記事へのコメント