5年ぶりのリサイタル

ふきのとうホールリサイタルチラシ表.jpgふきのうとうホールリサイタルチラシ裏.jpg札幌で久しぶりにドイツ歌曲のリサイタルを開きます。札幌駅南口から徒歩5分ほどの ふきのとうホールにて、3月1日(日)14時開演です。ふきのとうホールは、六花亭札幌本店の6階にあります。1階は六花亭のショップでお菓子が買えて、2階には六花亭の喫茶室があり、3階にはヤマハの楽譜売り場があるのです。とても楽しい場所です。
それはそれとして・・・リサイタルでは、シューマンの歌曲、ミルテの花がら3曲と「女の愛と生涯」全8曲。そして世紀末ウィーンの作曲家マーラーとシェーンベルクの歌曲を歌います。
ピアニストは、札幌で活躍する浅井智子さん。浅井さんとは東京藝大で1年違いの学年に在籍していたらしいのですがお互い知り合えず、3年ほどまえのとあるコンサートで初めてお会いしました。お話しているうちに一緒にやりましょう!ということになり、今回のリサイタルにつながりました。
チケットは3000円です(学生2000円)。ホームページからも購入できます。

この記事へのコメント