戸田敏子先生を偲んで

今日は、戸田敏子先生を偲ぶ会が、門下生主催でありました。 私の学年の近くの門下生は来るかなぁ?偉い先生達ばかりだったらどうしよう と少し心配しながら行きましたが、着くとすぐに、芸大の伴奏助手をなさっていた A.Kさんに声をかけられました。同じ学年だった人はいませんでしたが、近い学年の人たちと会えま…
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス三が日(?)

12月23日に、声楽アンサンブル ラポールの演奏会はいい感じで無事終演。 やはり本番を経験すると、課題が浮き彫りになります。これからの指導についていろいろ考えました。 写真は生徒たちにいただいたクリスマスプレゼントたち。やっぱりチョコレートが多い 12月24日は、生徒をふたり教えてから日本基督教団代々木教会の…
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスイヴの前日に

明日は日本基督教団荻窪教会で、声楽アンサンブル ラポール の演奏会。私は指揮をします。いつもは2月~3月に演奏会ですが、メンバーの都合で今回は12月23日になりました。せっかくのクリスマスイヴの前日なので、クリスマスにちなんだ合唱曲をプログラムの半分に入れてあります。 パレストリーナ、シュッツ、スヴェーリンク、ブクステフーデ、バッ…
コメント:0

続きを読むread more

日本語のメサイヤ

今年も年末は日本語の「メサイヤ」に出演。本当に数年前にこのお仕事をお引き受けしたときには、歌い慣れた英語と違って歌いづらいなぁと思ったものですが、慣れてみると味わい深く感じます。テノールの藤沼先生はなんと82歳 本当にきれいな声をしていらっしゃる。私も長く歌っていきたい!とあらためて思います。指揮者の渡辺さんとは、…
コメント:0

続きを読むread more

お見舞い

今年の春頃だったと思う。家の電話が鳴って出たところ、数年前まで歌を教えていた生徒の Y さんだった。 「もう一度歌いたいので歌いに行ってもいいでしょうか?」 と言うので、 「もちろんです」 と答えると、 「私、癌なんです。もう治らないんです。今は入院しているので、出掛けられることが決まったらまた電話します。」 とのこと。驚…
コメント:0

続きを読むread more

勤労感謝の日にモネ展

今日は勤労感謝の日でした。 う~ん・・・何をしたらよいのだろう・・・よーし!モネ展に行こう 東京都美術館で開催中のモネ展は、パリのマルモッタン美術館所蔵の作品で、私は数年前にマルモッタンには行っているのですが、なんだかきれいなものを見たくなって行ってきました。 やっぱりモネはいい。…
コメント:0

続きを読むread more

合唱指導からの~

土曜日と日曜日に、続けて声楽アンサンブル・ラポールを指導しました。 12月23日にコンサートを控え、皆 練習に力が入ります。例年は 2月か3月にコンサートなのですが、会場となる荻窪教会とメンバーの都合を合わせて、いつもより短い練習期間でのコンサートに決まりました。 日曜日はラポールを指導したあと、8時半から某団体OB会の話し…
コメント:0

続きを読むread more

銀座でランチ

以前から 「女子会しましょうね(*^▽^*)」 と約束をしていたお二人と、一昨日ランチをしました。少し贅沢して、アルマーニ リストランテ 銀座 に行ってきました。 料理も美味しかったですが、贅沢に使った空間や趣向を凝らしたデザインの椅子、隣りの席との仕切りなどに感心。(-_-)゛ おかげでゆっくりとした午後のひとときを過ご…
コメント:0

続きを読むread more

文化の日に鉢植えを移動

オペラの翌日は文化の日。朝から母と弟と3人で、鉢植えの大移動を始めました。一週間ほど前に初雪が降った日に、外にあった鉢植えをガレージ横に一時避難させていたらしいのですが、そこから冬の間の居場所である玄関と居間のベランダ前に、運ぶことになったのです。 居間と玄関は2階にあって鉢植えの数は30ほど。結構な重労働ですが、ガーデニング好きだっ…
コメント:0

続きを読むread more

プロジェクト・フィガロ・パート1終了

11月2日は、札幌にてオペラ・ラボ歌織座「フィガロの結婚第1・2幕抜粋」の公演でした。 12時に楽屋入りして髪のセットをしてもらい、場当たりの前に着替えて・・・あれ?舞台で履く靴がない( ̄□ ̄;)!! なんと、家を出るときに持ち物をチェックして、使用しないことになったもう一方の靴と勘違いして、カバンからの中から出して置いてきてし…
コメント:0

続きを読むread more

稽古中

3日前から札幌で、明日に公演が迫った 「フィガロの結婚1・2幕」の稽古の毎日です。 写真は昨日の稽古のフィガロ、スザンナ、ケルビーノ。私は伯爵夫人なのでこの中にはいません。 演出の山田かおりさんの細かい指摘に、皆、右往左往(^-^;)。 でも、よい勉強になります。 かおりさんは札幌でのオペラ公演で、演出家の栗山先生の助手を…
コメント:0

続きを読むread more

休むのを頑張る

ここ2週間ほど、歌わず、喋らず、レッスンや合唱指導は小声で、もちろん歌声は使わず(これがなかなかのストレスでした)、吸入器を購入して、毎日2度 家で吸入して、夜もなるべく早く寝るようにして、時々耳鼻科で声帯をチェックしてもらい・・・ようやく歌う声が出るようになりました ブログで不調な話ばかりで、ご心配をおかけした…
コメント:0

続きを読むread more

演奏会を休んでしまう・・・

連休明けに耳鼻科に行きましたが、すでに声帯の状態は今年一番の悪さで、演奏会の3日前ですし、薬を飲んでもあまり良い状態の歌唱は望めないこと、また今の状態で歌うと、更に声帯にダメージを与えるとのアドバイスを受けて、演奏会に出演するのを諦めることにしました。 いつもの私なら、無理してでも歌ったかもしれませんが、11月始…
コメント:0

続きを読むread more

不調の兆し

10月5日、札幌から東京に戻った日、こちらの人々には 「先週は変に暖かかったんですけど、今日から秋らしい涼しさになったんですよ~」 という感じだったようですが、札幌の寒さに耐えていた私には、「暑い」というか、いつものように衣服が体に纏わり付いて「気持ち悪い」。 そういうわけで、部屋ではエアコンの「ドライ」を作動させてしまう。しばら…
コメント:0

続きを読むread more

札幌にいる間に

10月始め、札幌で稽古に通う3日間の中、稽古の他の出来事をいくつか。 札幌に着いた次の日の夜、高校の同期会がありました。まるで私の来札にあわせてくれたかのようですが、偶然の日程でした。3年ほど前から時々 Facebook のグループを中心に声を掛け合って集っているのですが、大学から地元を離れて暮らしている私にとっては、Facebook…
コメント:0

続きを読むread more

Opera Labo 歌織座公演 プロジェクト・フィガロ Part1

数年前から母の様子を見に札幌へ通うことが多くなり、そんな中、札幌で卒業した短大音楽科の先輩に 「札幌に来るときに参加しない?オペラ作りを学んでいる人達が月に一回のペースで集まって、稽古をしているんだけど。」 と声をかけていただいた。 オペラの舞台に何度か立ったことはありますが、それほど経験豊富とは言えないので、一緒に勉強したいし、…
コメント:0

続きを読むread more

すぐに札幌

下田から戻った翌日、13時~21時まで自宅近くのスタジオにこもりました。 生徒のレッスンのためと、間で2時間ほど、ピアニスト Y さんに弾いてもらって「フィガロの結婚」第2幕の練習をしました。翌日から札幌で、11月に出演する「フィガロの結婚」第1幕・第2幕・抜粋の稽古があるのに、練習する時間がなかったからです。{%知ーらないwebry…
コメント:0

続きを読むread more

下田での写真

下田で、ピアノ伴奏の巨瀬さんとの写真です。 この前日に下田駅前のローソンの前で転んだ、なんて、言わなきゃ誰もわからないのさ・・・。
コメント:2

続きを読むread more

下田でドイツ歌曲の演奏会

翌日、前の日に転んで擦りむいた左ひざよりも、全体重を受け止めた左上腕が痛い・・・ お昼頃、ホテルに会館のOさんが車で迎えに来てくださり、下田市民文化会館へ。 打ち合わせをします。 「歌う前に少しお話をしてください」 との要望。うーん 苦手なんだよなぁ。歌う声と違うから…
コメント:0

続きを読むread more

下田で転んでからホテルへ

門下生発表会が無事に終わって、2日後すぐにピアノ伴奏の巨瀬さんとあわせを始めました。9月29日に下田の市民文化会館で、ドイツ歌曲の演奏をさせていただくのです。 毎年、夏に芸大バッハカンタータクラブOB会のセミナーを開催させていただいている下田のホールのスタッフの方と、そのような話が2年ほど前に進んだのでした。 あちらの要望としては、…
コメント:0

続きを読むread more