2018年最初のコンサート

新しい年になって、すでに半月が経ってしまいました。年末は12月27日に札幌へ飛び、実家で一人で暮らす認知症の母と過ごしました。そして元旦の夜に東京に戻りました。
さて今年最初のコンサートは、もう2週間を切ってしまいましたが、バッハの作品によるデュオコンサートです。
画像
画像

1月26日(金)19時から 新大久保駅から徒歩7分ほどの 日本福音ルーテル東京教会にて。芸大で一学年下だったメゾソプラノの戸畑リオさんと、器楽はコレギウム・アルジェントゥムの皆さんと演奏します。
前半はバッハのカンタータの中から、ソプラノとアルトの二重唱を取り出して。後半は ペルゴレージ作曲「スターバト・マーテル」をバッハがドイツ語の歌詞を付けて編曲した「詩篇第51編」を演奏します。

この記事へのコメント